カメラは旅行に必要か

カメラで旅行の記録を

旅行の際に持っていくもの

カメラとガイドブックは旅行に必要でしょうか?今は携帯電話でも綺麗な写真を撮ることができますが、やはりカメラを持参するとより鮮明に旅の思い出を残すことができます。デジカメは軽量でコンパクトなものも多いので、小さなものなら邪魔になりません。続いてガイドブックですが、こちらも今はスマートフォンがあれば現地で必要なことは調べられます。ですが、例えば海外などネット環境が不安定な時などは落ち着いて読める本が1冊あるとよいでしょう。旅行に必要な様々な情報がバランス良く載っているのもうれしいところです。小さめの文庫本サイズのもの多く出版されているので、邪魔にならないものを選ぶとよいでしょう。

カメラのメモリーカード

昔から、旅行をする日本人とカメラの取り合わせは、外国人から見た日本人を表現するには欠かせないものですが、時には、漫画になったり映画でも風刺の対象にもなりました、もちろん今では、日本の技術の高さを尊敬するまなざしのほうが勝っていますが、その中でも、カメラの変化でデジタルによって、ほとんど無制限といってもいいほどの枚数の写真が、内蔵メモリやSDカードに蓄積できるようになったことはとても大きな変化です。容量が大きいメモリを使えば、日ごろの小旅行から海外の旅にいたるまで今まで以上に多くの枚数が撮影でき、旅を終えた後の写真の整理や交換の楽しみも、今まで以上に増えることでしょう。

↑PAGE TOP